JMDC Claims Database

JMDC Claims Databaseは2005年より複数の健康保険組合より寄せられたレセプト(入院、外来、調剤)および健診データを蓄積している疫学レセプトデータベースです。累積母集団数は約730万人(2020年4月時点)で、健常人を含む一般ポピュレーション下での有病割合や発生等の検討や、転院や複数施設受診があっても追跡が可能なデータとなっており、日本国内の主な製薬・医療機器メーカー、生命保険会社・損害保険会社、官公庁、及び50以上の大学で導入されています。

3つの特長

民間利用可能な
日本最大規模の疫学レセプトDB
2005年から多くの健保のレセプト(入院、外来、調剤)および健診データを蓄積。健常人を含む一般ポピュレーション下での有病割合や発生等の検討、転院や複数施設受診があっても追跡が可能なデータベース。
すぐに研究着手可能な
標準化処理済みデータベース
独自の医療辞書により傷病・薬剤・診療行為情報の自動標準化処理。医薬品・医療機関マスタなど分析に必要なマスタ群が充実。個人を特定する情報は不可逆的匿名化技術による高度暗号化処理済み。
多くの企業・大学に採用されている
豊富な利用実績
日本国内の主な製薬・医療機器メーカー、生命保険会社・損害保険会社、官公庁、及び50以上の大学に導入されている安心の実績と高い信頼性。また230報以上の論文、350報以上の学会発表実績(2020年4月現在)

全数調査が可能なデータベース

データソースは、契約している複数の健康保険組合の加入者全てであり、レセプトが発生していない健康な方も含めた全数調査が可能です。

リアルワールドデータ

JMDCのデータは、レセプト・健診データ・台帳情報を突合した実態診療(リアルワールド)のデータです。保険医療機関での請求(レセプト)は、全て保険者に集約されるため、一人の患者が複数の医療機関を受診していても、その診療内容を全て捉えることができます。また、台帳情報からレセプトが発生していない方も含めた全ての属性情報(個人を特定する情報を除く)を保有しています。

レセプトデータ
  • JMDCでは、観察集団から発生する全てのレセプト情報(入院、DPC、外来、調剤)を入手しています。
健診データ
  • 健康保険組合が実施する健診結果も収集しています。
台帳情報
  • 健康保険組合が加入者を管理する台帳情報も入手しています。

患者軸で時系列の分析が可能

全てのレセプト情報をデータ化しており、患者ベースでの追跡が可能なため、受診や治療の流れを網羅的に把握できます。

お問い合わせ

各種サービスへのお問い合わせ、お見積りや資料請求のご依頼、 サービスへのお申し込みはこちらから