沿革

2002
1月
  • 会社設立 本社を東京都中野区に設置
4月
  • 本社事業所を東京都千代田区に移転
  • 医療関連インターネットアンケート調査事業開始
9月
  • JMDC個人情報保護方針策定
2003
12月
  • 製薬会社向け医療DB Quick Analysis(QA)販売開始
2004
5月
  • 情報セキュリティ方針策定
9月
  • JMDC独自のプライバシーポリシー(ルール)を改訂
2005
8月
  • 製薬会社向け医療DB P-MarketBase(PMB)販売開始
11月
  • 製薬会社向け医療DB D-MarketBase(DMB)販売開始
2006
4月
  • 製薬会社向け<インターネットアンケート調査事業(e-BIZ事業)>を営業譲渡
5月
  • 健康保険組合向けレセプト分析ツール ヘルスケアインサイト(HCI)販売開始
7月
  • 後発品利用促進支援ツール ジェネリック20(HCG)サービス開始
10月
  • 製薬会社向け医療DB Patient-Track System(PTS)販売開始
2007
6月
  • メタボ対策用レシピ Pep! eco-recipe(エコ・レシピ)販売開始
2008
4月
  • 生命保険会社向け 診断書標準化処理サービス開始
8月
  • 製薬会社向け医療DB JMDC Data Mart(JDM)販売開始
2009
4月
  • 健康保険組合向け「加入者向け情報提供サービス」の開始
8月
  • プライバシーマーク(JIS Q 15001:2006)の認証登録
2012
4月
  • 保険者・事業主向け保健事業支援ツール「健助」販売開始
6月
  • 製薬安全性/疫学領域向けウェブツール「JMDC Data Mart Pharmacovigilance(JDM-PV)」販売開始
2013
1月
  • 保健事業支援ツール「健助Plus」販売開始
5月
  • 本社事業所を東京都港区に移転
2015
6月
  • ヘルスデータ・プラットフォーム株式会社を子会社化
2017
3月
  • 株式会社 NTT データの主催の『InsTechオープンイノベーションビジネスコンテスト』において、最優秀賞を受賞
2018
1月
  • データヘルス・予防サービス見本市の出展社アワードにおいてJMDCとヘルスデータ・プラットフォーム株式会社が製品・サービス部門のグランプリを受賞
4月
  • 株式会社ドクターネットの全株式を取得し子会社化
5月
  • ユニケソフトウェアリサーチグループを子会社化
7月
  • 商号を株式会社日本医療データセンターから株式会社JMDCに変更
11月
  • JMDCがヘルスデータ・プラットフォームを吸収合併
12月
  • JMDCが株式会社クリンタルの全株式を取得し子会社化
2019
3月
  • グループ会社の株式会社ドクターネットが有限会社エムアイ・コミュニケーションズの全持分を取得し子会社化
4月
  • JMDCが株式会社クリンタルを吸収合併