TOP > 製薬関連企業の方 > パブリケーション実績 > 2013

パブリケーション実績(2013年)

2013年12月 Intussusception in Japanese infants: Analysis of health insurance claims database
  • 論文Open Journal of Pediatrics
    2013;3,311-316
2013年12月 高尿酸血症頻度の年齢差の原因ー診療報酬明細書(レセプト)データベースを利用した解析
  • 論文痛風と核酸代謝
    Vol. 37 (2013) No. 2 痛風と核酸代謝 p.111-116
2013年12月 Analysis of 754 Cases of Antithyroid Drug-Induced Agranulocytosis Over 30 Years in Japan.
  • 論文The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism 2013;98(12):4776–4783
2013年11月 うつ病性障害と診断された患者におけるレセプトデータを用いた治療の相違に関する検討
  • 学会発表日本薬剤疫学会 第19回学術総会
2013年11月 「患者数」の推定と医療情報データベースの評価
  • 学会発表日本薬剤疫学会 第19回学術総会
2013年11月 胃食道逆流症治療における先発及び後発医薬品の使用実態研究
  • 学会発表日本薬剤疫学会 第19回学術総会
2013年11月 自己対照ケースシリーズを用いたNSAIDS処方後における急性喘息発作発症リスクのシグナル検出
  • 学会発表日本薬剤疫学会 第19回学術総会
2013年09月 Present status of screening for hepatitis B virus infection in patients undergoing chemotherapy in Japan
  • 学会発表European Cancer Congress 2013
2013年08月 各種データベースを利用したスタチン系薬剤による排尿障害に関する研究
  • 学会発表第16回日本医薬品情報学会総会・学術大会
2013年08月 レセプトデータを用いたスタチン系薬剤による糖尿病・睡眠障害リスクに関する研究
  • 学会発表第16回日本医薬品情報学会総会・学術大会
2013年08月 本邦における化学療法施行時のB型肝炎ウィルスのスクリーニングの現状
  • 学会発表第11回日本臨床腫瘍学会学術集会
2013年08月 本邦におけるレセプトデータを用いた末梢動脈疾患の医療経済負担に関する研究
  • 学会発表国際医薬経済・アウトカム研究学会(ISPOR) 日本部会第8回学術集会
2013年07月 Psychotropic Prescription Patterns Among Patients Diagnosed With Depressive Disorder Based on Claims Database in Japan
  • 論文Clinical Drug Investigation
    2013;33(8)597-605
2013年07月 Prescription patterns following first-line new generation antidepressants for depression in Japan: A naturalistic cohort study based on a large claims database
  • 論文Journal of Affective Disorders
    2013;150(3)916–922
2013年07月 Practice patterns for lower respiratory tract infections in hospital patients with particular focus on bacteriological examinations and injection antibiotics use
  • 論文International Journal of General Medicine.
    2013;6:597-604
2013年06月 安全対策措置前後でのシタグリプチンとSU薬併用による低血糖症例及びSU薬の一日投与量の変化について
  • 論文糖尿病学会誌「糖尿病」 Vol. 56(2013) No. 5
2013年06月 我が国の蕁麻疹患者に対するグリチルリチン製剤の使用実態調査
  • 学会発表The EAACI-WAO World Allergy and Asthma Congress
2013年06月 アニサキスによる食中毒:届出に関わる法改正とレセプトデータによる患者数の推計
  • 学会発表第24回日本臨床寄生虫学会
2013年06月 アニキサスによる食中毒:届出に関わる法改正とレセプトデータに基づく患者数の推計
  • 論文Clinical Parasitology
    2013;24(1)44-46
2013年06月 糖尿病患者のアドヒアランスを規定する要因の検討
  • 学会発表第15回日本医療マネジメント学会学術総会
2013年05月 Claims-Based Definition of Death in Japanese Claims Database: Validity and Implications
  • 論文PLoS ONE
    2013;31;8(5):e66116
2013年05月 特定健診による要受診判定後の医療機関受診率とその推移
  • 学会発表第56回日本糖尿病学会年次学術集会
2013年04月 Estimates of the prevalence of and current treatment practices for rheumatoid arthritis in Japan using reimbursement data from health insurance societies and IORRA cohort (I)
  • 論文Modern Rheumatology
    2014;24(1):33-40
2013年03月 Trends in antidiabetic prescription patterns in Japan from 2005 to 2011
  • 論文International Heart Journal
    2013;54(2):93-7.
2013年03月 レセプトデータを用いた大腸がんの初回化学療法の選択実態についての検討
  • 学会発表日本臨床腫瘍薬学会
2013年02月 製薬企業の立場から レセプト(JMDC提供)がんの発生動向と抗がん剤投与後の疾患動向
  • 論文薬剤疫学
    2012年12月No.2Vol,17
2013年02月 日本で薬剤疫学研究に利用可能なデータベース
  • 論文薬剤疫学
    2012年12月No.2Vol,17
2013年02月 アセトアミノフェン鎮痛目的利用の国内外差およびその普及による薬剤費低減の可能性
  • 論文薬剤疫学
    2012年12月No.2Vol,17
2013年02月 The impact of a change in hypertension management guidelines on diuretic use in Japan: Trends in antihypertensive drug prescriptions from 2005 to 2011
  • 論文Hypertension Research
    2013;36(6):559-63
2013年01月 患者は正しく点眼を行なっているかー緑内障点眼薬処方歴による記述疫学
  • 学会発表第23回日本疫学会学術総会
2013年01月 本邦における小児の注意欠陥/多動性障害 および広汎性発達障害に対する医薬品処方
  • 学会発表第23回日本疫学会学術総会