TOP > 生損保の方 > メールマガジン「Risk Analytics for Healthcare」> 2011年

メールマガジン「Risk Analytics for Healthcare」(2011年)

2011年11月30日

6年6ヶ月のレセプトデータを使って、医療機関を受診した患者(15歳~59歳)を対象に、2010年の推計患者数が多い疾患上位20のランキングと過去6年間の順位推移を調べました。

2011年10月31日

抗がん剤特約商品の登場で、高額な医薬品の治療費負担も軽減します。高額な医薬品は、なにも抗がん剤だけではありません。今回は、抗がん剤以外にも様々ある高額な医薬品を紹介します。

2011年09月30日

抗がん剤治療を保障する保険商品が数社から登場してきています。がん治療に使用される抗がん剤には様々な種類があり、なかでも最近注目されているのが分子標的薬です。ここ数年、新薬としてぞくぞく登場しています。

2011年08月30日

今年7月6日、第19回社会保障審議会医療部会において、医療計画の4疾病5事業に精神疾患を追加する方針を厚生労働省が固めました。保険業界では、このニュースをどのように受け止められたのでしょうか。今回は、精神疾患の中から、ビジネスパーソンのうつ病実態をご紹介します。

2011年07月26日

レセプトには患者さんの治療に関する様々な情報があります。しかし、検査結果(数値情報)やステージ分類(病期)についての記載はありません。そこで今回は、レセプトから得られるがんに関する治療情報を考えてみます。

2011年06月28日

ここ最近は医療費が増加し続けています。ただ医療費と一言でいっても、どのような病気でどのような治療を受けたからその医療費になるのかをイメージするのは難しいかもしれません。そこでJMDCのレセプトデータを使い、「乳癌」をテーマに調査してみました。JMDCレセプトデータは、個人情報を匿名化名寄せすることで個人データを時系列で捉え、分析することに優れています。

2011年05月31日

医療費に関する統計データの一つとして社会医療診療行為別調査が広く利用されています。この社会医療診療行為別調査のデータソースは毎年6月審査分の医科・歯科・調剤レセプト(診療および調剤報酬明細)で、6月審査分の全国推計値として公開されています。

2011年04月28日

4/1に更新された厚生労働省HPの先進医療情報ページから2つの先進技術名が削除されました。削除された医療技術は「経皮的骨形成術」と「下肢静脈瘤血管内レーザー治療」の2つです。理由は、先進医療から保険適用に移行したためです。