TOP > 生損保の方 > 保険業界におけるJMDC Claims Database の強み

保険業界におけるJMDC Claims Database の強み

①全数調査が可能

データソースは、契約している複数の健康保険組合の加入者全てで、レセプトが発生していない健康な方も含めた全数調査が可能です。

②リアルワールドデータ

JMDCのデータは、下記のレセプト・健診データ・台帳情報を突合した実態診療(リアルワールド)のデータです。

  • レセプトデータ
    • JMDCでは、観察集団から発生する全てのレセプト情報(入院、DPC、外来、調剤)を入手しています。
    • 保険医療機関での請求(レセプト)は、全て保険者に集約されるため、一人の患者が複数の医療機関を受診していても、その診療内容を全て捉えることができます。
  • 健診データ
    • 健康保険組合が実施する健診結果も収集しています。
  • 台帳情報
    • 健康保険組合が加入者を管理する台帳情報も入手しており、レセプトが発生していない方も含めた全ての属性情報を保有しています。

③患者軸で時系列の分析が可能

全てのレセプト情報をデータ化しており、患者ベースでの追跡が可能なため、受診や治療の流れを網羅的に把握できます。